Sloboda Studio ポートフォリオ

slobodastudio

クライアント概要

さまざまな加盟店向けのオムニチャネル小売プラットフォームです。現在、440万ドル以上調達しています。これにより、複数のチャネルからの注文を管理し、複数の倉庫からの在庫を追跡できます。ワンクリックで最大100件の注文を発送し、ビジネスのパフォーマンスを上げることができます。これまでに、10億ドル相当の注文を処理しました。

ゴール

自社システムでユーザープロフィール・注文・請求書を作成することで、トランザクションの初期段階から出荷直前までを管理することを目標としていました。

課題とソリューション

課題1:チームの統合
Slobodaチームとクライアントのチームを統合するため、以下のことを行いました。
・アジャイル体制にし、スクラム開発を導入
・テックリードを立てる
・全チームミーティング
・毎週の会議

課題2:フロントエンドのReact化
当初、フロントエンド部分はさまざまなJavaScript、BackBone、Marionetteなど様々なテクノロジーが使用されていました。
私たちは、次の理由から、私たちの目的に最適なテクノロジーとしてReactを選択しました。
・コンパクトなライブラリなので、HTMLページの統合に最適
・シングルページアプリケーションに適している
・人気があり、豊富なドキュメント

これらの理由を加えて、標準化は重要であり、1つのテクノロジーのみを使用すると、作業プロセスがより速く、より簡単になります。現在、新しいタスクごとにReactを利用し、Reactと統合するためにコードを徐々に書き直しています

課題3:サーバーの過負荷
クライアントには多数の顧客がいるため、処理する請求書が多く、サーバーの過負荷を回避する必要がありました。AWSLambdaを使用することで、サーバーに過負荷をかけることなく請求書を生成および管理できるようになりました。

課題4:時間のかかる支払い方法
支払いは、銀行振込または電話でのみ対応していました。そのため、Stripeの支払いシステムを使用し、さまざまな種類の支払いを使用できるようにしました。

テクノロジー

フロントエンド: React
バックエンド: Ruby on Rails
データベース: PostgreSQL
インテグレーション: AWS, ElasticSearch, New Relic, SendGrid, Stripe

アプリ開発・QAの相談など、フォームから気軽にお問い合わせください。