ユニットテストの重要性

時間とリソースのコストは、ユニットテストの直接的な原因ではないかもしれません。テストのライフサイクルに関わる問題は、設計の不備、ドキュメントの不備など、他の根本的な要因によって引き起こされているかもしれません。

これらを評価した上で、時間とリソースの要因だけが問題の原因であると結論づけるのは、非常に偏った判断となるでしょう。code-development-process

そこで今回は、ユニットテストを実施することのメリットを確認していきます。私たちは、ソフトウェア開発サイクルの最初のレベルとして、常にこのテストを実施しています。経験上、このテストを怠ったチームは、ソフトウェア開発者が書いた最初のコードラインの品質を証明することが困難になります。そのため、このテストを怠ると、今後のテストへの投資が無駄になってしまいます。

ユニットテストの最も重要な点をいくつか挙げる前に、ユニットテストの意義をよりよく理解するために、ユニットテストの意味を再確認しましょう。

ユニットテストとは何ですか?

ユニットテストとは、ソフトウェアを構築する際のテストライフサイクルにおける初期段階のことです。その名の通り、個々のユニットは機能テストの前に、統合前に与えられた要件を満たしているかどうかを確認します。

ユニットテストを成功させるためには、チームやテストマネージャーが、テスト対象となるユニットの最小の機能についても深く理解していなければなりません。

アプリケーションの構造上、コードが変更された場合には、リグレッションテストやインテグレーションテストと並行して、ユニットテストを実施することをお勧めします。これは、根本的な問題を発見し、対処するのに役立ちます。

基本的な定義の後で、その重要性について説明します。

ユニットテストの重要性とは?

ベンチャーに投入される努力やリソースは、最終的に良い結果をもたらすことが期待されますが、ユニットテストも同様です。

しかし、「ユニットテストは必要なのか」「始める価値があるのか」と問われると、難しい判断を迫られることがあります。

ここでは、後者の手順を踏むべき理由を考えてみましょう。

1. 秩序と厳しさを保つために

paper-pencil-some-little-papers

ユニットテストは、ほとんどの場合、開発のためのものです。このプロセスがうまくいけば、その後のテストライフサイクルの秩序と厳しさを確保することができます。

最初のフェーズであるユニットテストの体系的な流れを気にしないでいると、ほとんどの場合、混乱した無秩序なテストライフサイクルのペースになってしまいます。

2. 「機能するか」という問いに答えるために

そのソフトウェアは機能しますか?この質問の答えは、テスト実行されるまで実際には100%説明できたとは言えません。

いずれにせよ、開発者は特定の結果を求めており、その答えはテストが進み、他のテストフェーズが実行されて初めて得られるものです。

ユニットテストの段階は、ソフトウェアテストのライフサイクルを通じて、ソフトウェアビルドの能力と最終的な運命を決定するための、百万マイルの旅の第一歩です。

ユニットテストだけではソフトウェアのテスト結果が決まらないように、最終段階が実行されてデプロイできるようになるまで、他のすべての段階でも同じことが言えます。

当たり前のことですが、ビルドのすべてのインタラクションは、その機能を何らかの形でテストしており、ユニットテストから始まったビルドがどれだけ効果的に機能しているかを教えてくれます。

3. ソフトウェアの複雑さを下げる

ユニットテストはソフトウェアのコーディングがどれだけ複雑になっているかを表す指標です。コードの構造は、調整を重ねるごとに細かくなっていき、ユニットテストのカバレッジを適切に測ることが非常に難しくなります。

testing-execution-progress

ソフトウェア構造のこのような側面は、テスト担当者がユニットテストを開始しなければ、通常は隠されたままです。

コードカバレッジによってソフトウェアの測定基準や複雑さを確認することは可能ですが、この方法は役に立ちません。その理由は、コードカバレッジが開発プロセスの一部ではなく、開始されたときにはすでにコーディングが完了していたからです。

4. 納品前にソフトウェアのテストを行う

自動車や電子機器を購入する際、まず試運転をして不具合がないかどうかを確認しない人はまずいないでしょう。

それが終わって、何か問題があるとわかったとき、評判は大きく下がってしまう。そうなると、他のブランドに移ってしまう可能性があります。

ソフトウェアの場合も同様ですが、お客様はコードが動くことを期待するため、必ずコードが動作する必要があります。

continuous-delivery-diagram

ユニットテストは、これをより確実にするための方法です。デプロイメントができない場合、多くの場合、ユニットテストに問題があるわけではありません。しかし、もしかしたらユニットテストが無いことが原因かもしれません。

ソフトウェアのビルドに問題がある場合、どのようにして見分けることができるでしょうか?ユニットテストは、最初からそれを知るための適切な方法のひとつです。

5. ドキュメント

システムの仕組みを理解するために、ドキュメントや記事が必要になったとします。このような場合、ドキュメントを作成するのは面倒ですし、コストもかかります。

しかし、ユニットテストの段階で作成されるドキュメントは、どのような場合でもビルドや各コンポーネントがどのように機能することが期待されるかを正確に示すことができるため、重要なものだと言えます。

また、これらの文書がエンドユーザーに渡されるのに適しているというわけではありませんが、チームの新人がコストを削減しつつ、ソフトウェアの内側と外側を直感的に理解するためには、これ以上に最適な方法はありません。

6. 既存の機能を変更するために必要な工数の測定

regression-testing-cycle

ソフトウェアの要件は、お客様のニーズに合わせて時間とともに変化するのが普通です。ユニットテストが行われていない状況では、通常は推定することが唯一の策となります。

しかし、ソフトウェアのユニットテストを実施することで、テスト担当者が新機能や既存機能のコスト見積もりをある程度把握することができるという利点があります。

7. コードカバレッジ

機能的なユニットテストを使用することで、ソフトウェアビルドのライフサイクルにおいて、特にコードの性質、どのようにして実行するかどうかについて、多くのことを行うことができます。

これは、正しいユニットテストを実行し、コードの範囲に関する測定値を提供する特別なツールを使って、迅速かつ簡単に行うことができます。

コードが動作しない場合、そしてすべてのケースに十分に効率的なテストカバレッジがある場合は、そのコードを廃棄することができます。

8. パフォーマンス評価

例えば、テストケースを作成して、その後テストの成功率などの情報を得ることを想定します。適切なパフォーマンスツールがなければ、ユニットテストの結果がその代わりになります。

時間とともにテストケースが増えていくことを想定したとき、それを評価する必要があります。

最善の策は、ユニットテストの結果に立ち返ることです。ユニットテストの結果を見ると、自分の作ったものがどの時点で壊れてしまうのかをすぐに知ることができます。

9. 継続的インテグレーションの可能性

integration-testing-visual-diagram

この小見出しを最もよく説明するために、ちょっとしたシナリオを想定してみましょう。

あるプロジェクトに取り組む開発者チームがあり、約15〜20人が参加しています。各人はそれぞれ特定の分野を担当しています。

開発者の一人が、システム全体に影響を与えるような変更、つまり破壊的な変更を行ったが、他の全員はそれに気づいていません。コンパイルを担当しているCIサーバーも、マージのコンフリクトに気づくことなく、何の問題もなく作業を進めていましたが、アプリケーションを実行したところ、バグが発生してしまいました。

コンパイル時に発生するエラーとは異なり、ランタイムエラーは、デプロイ時またはユーザーの受け入れ時にソフトウェアが実行されて初めて気付き、対処することになります。もし、あなたのソフトウェア開発チームがこのような状況に陥ったとしたら、最悪のケースを招くでしょう。

CIサーバーはテストのコンパイルや管理に役立ちますが、ユニットテストがなければCI環境はほとんど意味を持ちません。特に、“アプリケーションが要求された通りに動作するかどうか “という質問に対しては。

まとめ

ユニットテストは、開発プロセスを正しい方法で進めようとしている合理的なテクノロジー企業にとって、必ず必要なものです。上記の9つの理由を見ると、ユニットテストなしで開発プロジェクトを成功させることができるのか?という質問に、肯定的な答えを出すことは難しいです。

しかし、ユニットテストは、テストのライフサイクルの一部に過ぎません。その他のテストもすべて実施する価値があります。テストについて詳しく知りたい方は、お気軽にお問い合わせください。

アプリ開発・QAの相談など、フォームから気軽にお問い合わせください。