テスト自動化:始める価値はあるのか?

望ましいレベルのテスト自動化を達成するのが難しいと感じている方は、安心してください、あなただけではありません。a1qaでは、この問題があらゆる規模の企業の苦悩や課題として説明されるのをよく耳にします。

それにもかかわらず、テスト自動化は、最も長く続いているQAトレンドの1つです。長年にわたり、テスト自動化を導入した企業は、賢く実行することで付加価値を得て、現在ではQAのメリットを享受しています。

自動化されたテストの人気は、COVID-19の拡散に対する世界的な対応により、近年特に高い成長を加速させています。犠牲者を最小限に抑えながら、生産性を確保し、プロセスを最適化することが、瞬く間に最優先事項となりました。

このブログ記事では、テスト自動化の側面に焦点を当て、「テスト自動化は始める価値があるのか?」という疑問に答えます。

アジャイルにおけるテスト自動化

2019年に126億ドルの規模だった世界の自動化テスト市場は、2024年には288億ドルの規模になると予想されています。専門家によると、この成長は、ソフトウェア開発ライフサイクルにおけるアジャイルやDevOps手法の導入が進んでいることが背景にあるとのことです。 Automation market growth

Source: MarketersMedia statistics

アジャイル環境とテスト自動化は、反復的かつ漸進的な作業方法を採用することで、クッキーとミルクのように相性が良く、お互いを強化することができます。アジャイル環境とテスト自動化は、クッキーとミルクのように相性が良く、ソフトウェアデリバリーのスピードと効率を最大化するために必要な戦略となります。

ここで重要なのは、長期的な視点で考えて長期的なソリューションを構築するのと、緊急のQA関連の問題をすぐに解決するのと、どちらがいいかということです。

厳しい納期の下では、一回限りの戦略を適用するのが当然の解決策です。しかし、このような厳しいタイムラインが頻繁に起こり、運用タスクも継続しているとしたらどうでしょうか?「安く、早く、簡単に」という観点から、人海戦略的な要素を徹底的に排除した、長期的なQAソリューションの構築に着手する絶好のタイミングとなるでしょうか。

簡単な答えはありません。しかし、戦略的な開発では、将来的に成功するために限界を押し広げ、費用対効果の高い決断をする必要があります。

テスト自動化は、現代のデジタルユーザーの生活をスピードアップし、進化させ、ペースと品質を維持するための1つの方法であり、必要な技術的健全性を備えたソフトウェア製品を必要な時に提供するのに役立ちます。

最新のWorld Quality Reportの回答者の56%が、テスト自動化によって達成されたテストコストの削減を指摘しています。つまり、この効果的なフレームワークを適用することで、QAプロセスをより速く実行することができ、より良いROIを得ることができるのです。

自動化されたテストを適切なレベルで導入するためには、昔からの指標である総所有コストに注目し、負担にならずに済むことを実感してください。

利点を取り入れ、困難を取り除く 

テスト自動化を開発ライフサイクル全体に統合することは、素晴らしいスタートとなります。ソフトウェアから最大限の利益を得るためには、シフト・レフト・アプローチを遵守することが、リスクを減らし、コストのかかるバグの数を最初から排除するための最良の方法の一つです。

テストシナリオが自動化されれば、人間の関与は必要ありません。また、アプリケーションのビジネスロジックに変更があった場合には、自動テスト内でマイナーアップデートを行うことができます。より多くのケースを実行し、ヒューマンエラーの可能性を排除することで、テストカバレッジを最適化し、ソフトウェアの品質に関するフィードバックを得るために必要な時間を短縮することができます。

テスト自動化は、単に手動テストを置き換えるだけでなく、QAをより高いレベルに引き上げ、DevOpsやアジャイルのエコシステムの中でより良い結果を提供する機会でもあります。a1qaでは、あるプロジェクトで総テスト時間を20倍に短縮しました。

テストの自動化には、深い知識、適切なツール、そしてSDLCの初期段階から品質に取り組むべきという新しい考え方が必要であることは間違いありません。どのようにしてテスト自動化の導入から最大限の効果を得ることができますか?

  • テスト自動化導入の準備段階では、優先順位が正しく、ビジネスの方向性に合っていることを確認するために、中核となるビジネス・ゴールを定義してください(少ないほど良い)。
  • 各デバイスの長所と短所に応じて、ツールセットを選択します。これにより、テスト自動化ツールやCIツールから、コーディングや品質レポート作成のためのツールまで、幅広い選択肢の中から最適なものを選ぶことができます。
  • 進める際に、おとぎ話のような期待は忘れてください。テスト自動化は結果をもたらすように作られていますが、その効果は必ずしもすぐに得られるものではありません。特筆すべきは、定期的に機能をチェックしながら、ソフトウェア製品がスムーズに動作する場合に適用できるということです。主な目標に向かう際にKPIを追跡できるようなソリューションを作成し、テスト自動化を能力ではなく大きな取り組みとして考えます。
  • テスト自動化の専門家は、テストしたアプリ、最新のトレンド、ツール、ソリューションを深く掘り下げて、業界を熟知し、期待される結果を改善する必要があります。

DevOpsにおけるテストの自動化 

企業は、ユーザーからのフィードバックやビジネスKPIによって継続的テスト(CT)の効果を測定しています。早期かつ頻繁にフィードバックを受け取ることで、ソフトウェアのリリース前にコードを変更することができます。

テストの自動化は、独立した規律であると同時に、継続的テスト(CT)の核心でもあります。つまり、製品のライフサイクルや継続的デリバリ(CD)のプロセス全体を通して、常にチェックを行うことが重要です。通常、自動化はパイプラインの初期段階から始まり、開発の各段階で行われます。

ただし、場合によっては開発作業と並行して、あるいは開発作業の前に実施することもあります。自動テストは機能の作成時に設計されるため、開発プロセスが完了した後にその品質を評価することが容易になります。

それを実現できるのには2つの理由があります。 

  1. 特定の機能の開発が終わるまでに、すでにテストシナリオを実行する。
  2. 開発者が機能を実装した後に自動テストが開始する。

CTを使えば、自動化はCI/CDパイプラインにスムーズに統合され、リリースバージョンの候補ごとにビジネスリスクを正確に評価することができ、致命的なバグのない製品を適切なタイミングで提供することができます。

結論

より迅速なリリース。製品の品質向上。これらの目標を達成し、将来を見据えたQAソリューションを得るために、自動化をできるだけ早い段階で採用するように努めている企業が増えています。

テスト自動化は、インサイトを重視した実装方法に基づいた有望な分野であり、QA作業をやり直すことなく高いROIを得ることができます。

アプリ開発・QAの相談など、フォームから気軽にお問い合わせください。