テスト自動化プロセス

christina wocintechchat com pvimd8jdeye unsplash

今日、ソフトウェアテストは開発プロセスに不可欠な要素となっています。テストにかかる時間を短縮するために、多くの企業がテストの自動化を選択しています。しかし、自動化の機能はスピードアップだけではなく、長期的にはテストカバレッジの向上や全体的なQAコストの最適化にもつながります。

テストの自動化は、しっかりと確立されたプロセスがあります。この記事では、この自動化テストの重要性について説明し、正しく適用するための手順を紹介します。

  1. スコープと優先度の定義 どんなプロセスも定義から始まります。したがって、テスト自動化を実施する前に、自動化を行う範囲を決定する必要があります。QAエンジニアはまず、テストの優先度に応じて順序を定義していきます。
  2. 自動化のための準備 自動化テストは、機能の最も安定した部分を対象とすべきであり、週に3~4回程度はテストされるものでなければなりません。 原則として、スモークテスト(またはリグレッションテスト)はまさにその目的のために選ばれます。
  3. ツールを選択する スコープが定義されると同時に、QAエンジニアはテスト自動化ツールを選択します。テストされるインターフェイスの種類によって、使用するツールは異なります。 万能なソリューションはありません。テスト自動化ツールの選択は、そのソフトウェアが構築されている技術に依存します。例えば、QTPはInformaticaをサポートしていません。つまり、そのソフトウェアにはこのツールは使用できないということです。私たちは、最も信頼性が高く、実績のあるソリューションを好みます。Selenium WebDriver、Coded UI、Ranorex、TestStack.White、Appium、Xamarinなど。 ツールが決まれば、QAエンジニアはフレームワークの実装に入ります。
  4. フレームワークの開発 フレームワークは、自動テスト開発の基礎となります。コードを再利用し、テスト開発作業を最適化します。Selenium用のRobotフレームワークなどは、すぐに利用することができるフレームワークです。 フレームワークの有用性を過小評価することはできません。フレームワークのおかげで、テストの一貫性を維持し、何度も再利用することができます。また、コードの使用量を最小限に抑え、テストの構造を改善することができるので、長期的なプロジェクトには最適なシナリオと言えます。
  5. 環境の設定 すべてのテストは、状況に応じてテスト環境や本番環境で実行されますが、その環境は十分に設定されていなければなりません。このステップでは、自動化されたテストを正常に実行し、その結果を保存するための環境を作成します。 テストの自動化にはテストデータが必要です。そうしないと、プロセスにダメージを与えたり、無関係なテスト結果を提供したりするリスクが生まれます。
  6. 自動化の開始 最終的に、すべての事前準備が完了したら、テスターは自動テストの開発に取り掛かります。新しい自動テストを提供する通常のプロセスには、次のようなポイントがあります。 ・優先順位に応じたマニュアルテストケースの選択 ・自動テストのコード作成 ・デバッグテスト実行のためのの自動テストの追加 ・新規に作成したビルドのテスト実行に自動テストを追加
  7. 自動テストの監視

    テストが開始されたら、それをモニターする必要があります。プロセスを追跡せずにテストを進めることはできません。自動テストを監視する際には、以下の点を考慮することを忘れないでください。

    ・自動テストのカバレッジ ・テスト実行後に明確になる有用か無用な結果 ・テスト1つあたりのコスト ・実行されたテスト数とサポートのスコープの比較 ・経済的な影響 (ROI, 投資収益率)

最終的には、自動化をマスターすることで、ビジネスの価値を大幅に高めることができます。自動化には多くの要素が含まれており、プロセスの開始前に理解し、対処する必要があります。ポイントに沿って、リスクを回避し、メリットを手に入れましょう。

アプリ開発・QAの相談など、フォームから気軽にお問い合わせください。