アジャイル自動機能テスト:完全ガイド

weather vane 1209398 960 720

あるレポートによると、世界の自動化テスト市場の規模は、2019年の126億米ドルから2024年には288億米ドルになると予測されており、企業が採用している最大のテストトレンドの一つとなっています。

自動化された機能テストは、同様に、テストカバレッジの高速化とテストケースの効率的な開発を目的としています。ソフトウェアの強固性に基づいて、ユーザーの視点を得ることができるのです。

この記事では、機能テストと機能テストの自動化について説明します。これには、機能テストケースを作成する際に役立つヒントも含まれます。はじめに、まず機能テストとは何かを理解しましょう。

機能テストとは?

機能テストとは、ソフトウェアの機能性を調査し、指定された要件に従って機能しているかどうかを知るためのテストです。このテストでは、システムのユーザーインターフェースをチェックし、ユーザーがどのようにシステムとやり取りするかを理解します。すべての機能がユーザーのアクションに正しく反応しているかを確認します。

機能テストの目的は、ソフトウェアが利害関係者の要求を満たすことを保証することです。ユーザーテストではなく、プログラムが行うべき各アクションをテストすることです。テストケースのシナリオを作成するのは、単に1つのアクションをテストするだけでは十分ではないからです。

例えば、電球を例にとってみましょう。

スイッチを入れると電球が点灯し、スイッチを切ると電球が消灯して、本来の動作をするかどうかを判断します。第一の意図は、コントローラのOFF/ON部分が設計通りに動作するかどうかを知ることであり、その仕組みを理解することではありません。

通常、この種のテストを行うのはQAチームだけですが、外部のテスターにもテストを実施してもらう必要があります。これは、ブラックボックステストの手法を用いて、すべての機能を確認する必要があることを示しています。ブラックボックステストを実施する際、テスト担当者はアプリケーションの内部アーキテクチャを意識してはいけません。

機能テストの種類

ここでは、開発サイクルを通して行われる一般的な機能テストの種類を紹介します。

  1. ユニット

シングルユニットを含む機能テストタイプで、ユニット内の問題を特定します。独立したモジュールの機能的な正確さに関連しています。

  1. 統合テスト

統合テストは、別々のコンポーネントを結合してテストし、結合したときに本来の動作をしているかどうかを確認するソフトウェアテストです。ここでは、モジュール間をつなぐインターフェースを検証することが第一の目的です。

  1. システム

システムテストは、システム全体の品質に対する信頼性を高めることを目的としています。エラーを発見し、それを止めることで、開発への影響を防ぐことも目的としています。また、システム全体を対象とした唯一のテスト(ユーザー受け入れテストの直前)でもあります。

  1. ユーザー受け入れテスト

ユーザー受け入れテストは、ソフトウェアテストプロセスの最終段階です。ユーザー受け入れテストの最終目標は、システムが日々の活動やユーザーシナリオを維持できるかどうかを評価し、満足のいくユーザビリティを保証することです。

  1. 回帰テスト

回帰テストの目的は、予期せず発生した新たなバグを明らかにし、以前に排除された不具合が再び発生しないことを保証することです。このようにして、回帰テストは、コードの修正によって現在のアプリケーションの機能が変更されないことを保証します。

  1. スモーク

スモークテストの主な目的は、ソフトウェアのバグを発見することではなく、テストチームがどこから始めるのか、ソフトウェアの全体像を知るため、テストの計画を立てることです。

  1. サニティ

このテストは、ビルドのテストが進むかどうかを判断するためのチェックポイントとなります。このテストでは、変更された機能や提案された機能が正確に動作することを確認します。もしサニティテストが失敗したら、テストチームは時間とコストを節約するためにビルドをやめることになります。

自動化された機能テストとは?

実際には、機能テストの最も顕著な問題の1つは、テストチームがプロダクト全体をカバーすることができないことです。

機能テストの各テストケースが手作業で行われていた場合を想定してみてください。特にテストが繰り返されている場合はなおさらです。すべてのテストケースをカバーするのは難しく、時間もかかります。テストカバレッジは計画よりも少なくなり、予測された結果を下回ることになります。

ここで、時間と労力を節約し、全体的なテスト能力を高めるために、自動化が必要になります。機能テストを自動化することで、反復的なテストプロセスを人から引き継ぎ、チームは他のビジネス面を成長させるための戦略に集中することができます。

機能テストを自動化するためのテストケース

どのプロジェクトでもそうですが、チームのメンバーは、自分が責任を持って最終的な結果を報告する個々のタスクを受け取ります。しかし、これらの役割を明確にするためには、各メンバーの任務を具体的に示す適切な計画を立てる必要があります。そのために、機能テストのテストケースを作り、テスト担当者に割り当てていきます。

機能テストケースには次のものが含まれます。

  1. テストの説明やテストする機能の名前(例:ソフトウェアの複雑さや大きさ)
  2. テストを実行するために必要な前提条件や事前要件
  3. アクションの計画
  4. 成果

テストケースを作成するための手順は以下のとおりです。

  1. テストすべき特定の分野を確認する。
  2. テストする機能の概要を説明する。既存の機能から始めて、新しい機能を拡張する。
  3. ソフトウェアアプリケーションをチェックして、どのテストを別々に実行するか、あるいは組み合わせて実行するかを知る。
  4. テストケースを書く。
  5. テスト担当者に仕事を割り当てる。
  6. 探索的テストの設計と割り当てを行う。 

おすすめの機能テスト自動化ツール

約93%の組織が、機能テストを実施するためのオープンソースツールを好んでおり、調査対象グループの80%が機能テストを自動化するための主要なオープンソースツールとしてSeleniumを使用しています。また、Desnaで使用しているその他の有用なリソースには以下のものがあります。

機能テスト自動化のメリットと課題 

Test Projectの調査によると、77%の企業がすべてのスプリントで機能テストを実施しており、テストカバレッジを確保するために機能テストの自動化に対する需要が高まっています。それに加えて、機能テストを自動化する理由は以下の通りです。

  • テストにかかる時間と労力を削減する
  • テスト時のヒューマンエラーの可能性を最小限に抑えたい
  • 繰り返しのテストを管理したい
  • 大規模なプロジェクトを管理したい
  • ユーザーとビジネスの両方の要求を満たすソフトウェアをリリースしたい
  • 長期的なテストコストを削減したい

一方で、50%以上の調査では、ツールに慣れるための時間が不足していることが最大の課題として挙げられています。その他、以下の課題が挙げられます。

  • ソフトウェアエンジニアの技術力の不足
  • テスト領域をどれだけカバーできるかという現実的でない期待
  • テストデータの管理 
  • 自動化ツールや人的資源を獲得するための高い初期費用

まとめ

アプリケーションはユーザーの期待に応えていますか?すべてのビジネス要件を効果的にカバーしていますか?システムはユーザーの入力に反応していますか?既存のツールは、テストの実質的なカバレッジを満たすことができますか?

これらは、自動化された機能テストがチームを助ける本質的な質問です。

今日のソフトウェアは、効率的で健全であることが求められています。もしあなたのチームが機能テストにマニュアルテストを使用しているなら、期待通りの結果を得ることは難しいでしょう。

テストの自動化を始めるには、まずテストの自動化のための実用的な戦略を学ぶことをお勧めします。

アプリ開発・QAの相談など、フォームから気軽にお問い合わせください。