どの段階でQAエンジニアを雇うべきか?

「ソフトウェア開発におけるQAとは何か」、「ビジネスにおけるQAとは何か」といった質問はいつも出て、チームにQAエンジニアを置くことがいかに重要であるかを再確認します。しかし、プロダクトの開発を開始してすぐに急いでテスターを見つける必要はありません。QAエンジニアを見つけるのは後回しにしても構いませんが、いつがベストタイミングなのでしょうか?ここでは、これまでの経験に基づくお勧めの方法をご紹介します。

ステージ#1:アーリーステージ(MVP)

QAエンジニア/テスターの必要性 - 3 of 10

「MVPとは何の略か」という疑問のある読者の方のために、念のためMVPの定義から説明します。MVP (Minimum Viable Product) とは、お客様が使うのに適した最低限の機能を備えたプロダクトのことです。

統計によると、プロダクトの機能の60%は使われていない、つまりお客様に必要とされていないと言われています。MVPの主な目的は、今後のプロダクト開発のための詳細な計画を作成するためのフィードバックを得ることです。MVPは、さまざまな機能を備えた完全なプロダクトを開発する場合に比べて、プロダクトが顧客に必要とされない場合のコストとリスクを削減するのに役立ちます。

最小限の実行可能なプロダクトをどのように構築するか、またMVPの構築にどのくらいの期間を要するかを定義するために、チームはまず以下のいくつかの質問に答える必要があります。

  • お客様はこのプロダクトを本当に必要としているのか?
  • どうすれば他とは違う、必要なプロダクトになるのか?
  • 効果的なスタートを切るためには、どのような機能に焦点を当てるべきか?

予算も時間も限られているので、チームは慎重に判断しなければなりません。しかし、MVPは急いで作った試作品ではありません。チームは、完全に機能する基本バージョンを作成するために最小限の時間を費やし、最初に関連性を確認すべき重要な機能にのみ取り組みます。そして、より洗練されたプロダクトの基礎を作るのです。

例: アイデアがあり、自分自身またはパートナーと一緒に、初期バージョンであるMVPを開発します。この段階で、チームに加わるテスターを見つける必要があるでしょうか?今のところ、テストは優先度の高いタスクではありません。プロダクトのテストよりも、ユーザーからのフィードバックを大切にしたほうがいいでしょう。

アウトソーシング会社のQAサービスを利用すれば、リリース前に一度だけプロダクトをテストすることができます。この段階では、チーム内にフルタイムのQAエンジニアは必要ありません。

ステージ2:シードステージ

QAエンジニア/テスターの必要性 - 8 of 10

そろそろMVPの準備が整い、テストにも成功したので、チームは次の段階のタスクに進むことができます。最低限の市場性のあるプロダクトはできていますが、チームはリスクとコストを最小限に抑えるために、まだ限られた数の機能に集中しています。

この段階では、アクティブなユーザーがいるため、テストがより重要になります。そのため、以下のことをお勧めします。

チームに参加してくれるテスターを見つけること。

仕様書とドキュメントの両方のテストを開始すること。

開発チームとQAの間で効果的なコミュニケーションを取り、あなたの決定をチェックしてプロダクトを改善すること。

プロダクトへの高額な投資を意味するシードステージは、他のステージの資金調達と比較して、財務リスクが最も高く、成功した場合の投資収益率が最も高いことで知られています。自己資金、友人、家族、スポンサー、代理店、クラウドファンディングのいずれに頼るにしても、プロダクトが適切な品質であり、プロモーションの準備ができていて、市場に出回っている他のソフトウェアソリューションと競争できることを証明する必要があります。

例: ターゲット層と市場を把握している。最初のアクティブユーザーを持つ最初のバージョンがリリースされています。プロダクトのプレゼンテーションの準備ができていて、潜在的な投資家に見せるときに完璧に動作することを確認する必要があります。

ステージ#3: 成長と定着

QAエンジニア/テスターの必要性 - 10個中10個

成長期は、市場におけるプロダクトの地位を確立し、売上を伸ばし、利益率を向上させるための重要なステージです。今度は、既存のユーザーを引き留め、顧客のロイヤルティを高め、新しいユーザーを獲得するための自動化に注意を払う必要があります。

新しい機能を導入する必要がありますが、通常はより複雑で、既存の機能のロジックと融合させる必要があります。そのため、QAを見つけることが非常に重要になります。上手くやらないと、既存の顧客に迷惑をかけてしまうことになります。

例を挙げましょう。

あなたのプロダクトは完璧に動作しています。ユーザーは満足し、5つ星の評価をしてくれています。しかし、市場には常に似たようなアプリがあり、ユーザーのシェアを奪い合っています。あなたは、自分のソフトウェアを目立たせるために、新しい機能を加える必要があります。

その過程で何かを壊してしまったら、何人かのユーザーを失うリスクがあります。また、ある機能がソフトウェアのロジックと簡単に統合できないことが判明するリスクもあります。QAスペシャリストは、最適な開発パスを決定し、更新されたバージョンにバグがないかどうかをチェックします。

ステージ#4:成熟期

QAエンジニア/テスターの必要性 - 10 / 10

成熟期に入り、安定したフェーズに入ったことと考える人もいますが、成熟期では新たな課題が出てくることを覚悟してください。

では、具体的に何が起こるのか?

売上はピークに達しますが、市場が飽和状態になり、同じレベルの利益を維持することが難しくなります。

競争は時間とともにかなり激しくなり、前述の安定性に支障をきたすようになります。

消費者と市場シェアを維持(少なくとも)または拡大(できれば)するためには、革新的な解決策と、プロダクトを魅力的にする新しい方法を見つける必要があります。

あなたのプロダクトは市場を確立し、売上は大きく伸びて、市場での最大のシェアに達しました。今は、そのシェアを維持し、衰退期に移行しないようにしなければなりません。

例: ライバルチームは毎回、より良いプロダクトをリリースして、リーディングカンパニーであるあなたからユーザーを奪おうとします。その中でQAエンジニアの役割は何でしょうか?完璧なパフォーマンス、デザインの更新、プロモなどを保証することが重要です。繰り返しになりますが、新しいバージョンをリリースする際には、開発者によるアップデートが必要になります。ここでの重大なミスは許されませんが、それを避けるためにQAスペシャリストがサポートします。

ステージ#5: 買収期

QAエンジニア/テスターの必要性 - 10 / 10

プロダクトに触れているユーザーの数は、計画を立てたり、開発戦略を立てたり、マーケティングやプロモーションの計画に取り組む上で重要です。アプリやソフトウェアのプロモーションには、ランディングサイト、ブログ、プレスリリース、アフィリエイトマーケティングプログラム、パートナーシップなど、さまざまな方法があります。いずれにしても、ユーザー、評論家、専門家、そして特に懐疑的な人たちからのプレッシャーにプロダクトが耐えられるかどうかを知る必要があります。

/four-people-and-white-macbook

例: ユーザーの声に耳を傾け、トレンドを分析し、新しいパートナーシップのアイデアを出し、ブランドイメージの向上に努める。これらにはすべて、プロダクト開発を伴います。新機能や、特に他のプラットフォームとの統合について言えば、QAエンジニアはこのプロセスにおける重要なプレーヤーの一人です。

まとめ

成長期、成熟期、買収期のQAエンジニアをつなぐことは非常に重要です。QAスペシャリストは、余分な費用を避け、開発者の時間を有効に使い、ポジティブなブランドイメージを維持するのに役立ちます。QAを接続することによってのみ、プロダクトの生産時に大きなバグなしにプロダクトがリリースされることを確信できます。

テストを行うことで、プロダクトの品質に自信が持てるようになり、自分のアイデアに投資してくれる人を見つけやすくなります。しかし、初期の段階では、ポジショニングと基本機能に集中した方が良いでしょう。QAが手伝えることはあまりありません。

QAエンジニアをどのタイミングでプロダクトに結びつけるかはあなた次第ですが、QAの重要性に気づくのは早いほうがいいでしょう。Desnaはいつでも、どんな段階からでも、あなたの仕事をお手伝いする準備ができています。妥当な時期を検討し、お気軽にお問い合わせください。

アプリ開発・QAの相談など、フォームから気軽にお問い合わせください。